そんなことより

ゲームの話とか全然関係ない話とか

全人類が「テニスの王子様」を読むべき理由

テニスの王子様という漫画は、なにかと話題になることが多い。

まとめサイトとかTwitterとかで衝撃的なコマを見て「?」となった人も多いんじゃないだろうか?

そういう意味でも有名なおかげで、知っている人が多い漫画だと思う。

 

でも意外にちゃんと読んでる人って少ないんじゃない?

 

私も国民的漫画であるONE PIECEは飛び飛びにアニメや原作を観てるせいで断片的にしか知らない。

有名な漫画ほど「少しは知ってるけどちゃんと読んだことがない」人の比率が高いんじゃないだろうか。

しかし、それではもったいない。こんなに最高な漫画は他にないのだから。

 

テニスの王子様が最高な理由を挙げていく。

 

試合が熱い

テニプリの試合って「ワシの波動球は108式まであるぞ」とか「半分やんけ!」とか「避けらんねぇ!」みたいな衝撃的なシーンばかりが取り上げられがちだ。

それは認める。確かにセリフも技もおかしすぎる。

テニプリファンなら変な技とか展開には慣れてるんでしょ?」と思われるかもしれないが、普通に言葉を失う。慣れるわけがない。

しかし、実際に最初から漫画を読んでいるとどれも熱い試合ばかり。

読み終わったあとには変な技のことは全て忘れて「いい試合だった…」とつぶやくことだろう。

関東大会の手塚VS跡部とか関東大会決勝の乾VS柳とか新テニの跡部・仁王VS越智・毛利とか好きな試合はいっぱいある。

どれも熱くて最高の試合だ。変な技?忘れろ!

 

ギャグが面白い

「知ってるわ!」と思われるかもしれないが、聞いてほしい。

ネットでただ該当のコマだけを切り取った画像を見ただけでは面白さの三分の一も伝わっていない。純情な感情は空回り。

前後のシーンや、そのキャラの性格などを知っているとさらに面白いのだ。

私は新テニのデューク渡邊の「プ…レ…イ…ボ…ォォォォ…ル」が面白すぎて、3日間漫画を開けなくなった。マジで。

ギャグシーンも面白いがギャグのつもりで描いていないシーンもなぜか面白い(もしかしたら許斐先生は狙って描いているのかもしれないけど)

しかもめちゃくちゃ熱いシーンの直後にぶち込んでくるから怖い。油断できない。油断せずにいこう。

 

キャラがたくさんいる

テニプリ、新テニプリのすべてのキャラクター(名前や設定がちゃんとあるキャラに限る)を合わせると300人くらいはいるのではないだろうか。

数えた事ないけど。でも多分いる。

それだけたくさんのキャラクターがいるのだから、推しが見つからないわけがない。

どこかには琴線に触れるキャラクターがいるはずだ。

まあ、そのキャラクターが活躍し続けるとは言ってないけど…。

 

越前リョーマが"少年漫画らしい"主人公ではない

少年漫画といえば、凡人が努力と根性で、天才のライバルを追い抜いていく…というストーリーが王道だと思う。

しかし、越前リョーマは違う。

彼は世界でも有名な天才プレーヤー越前南次郎の息子で、自身も幼い頃からテニスに触れてきた、言わばサラブレッドである。

第1話の時点でテニスがめちゃくちゃ上手い。

そんなリョーマのライバルは手塚でも不二でも亜久津でも赤也でも跡部でも真田でも金太郎でも幸村でもない。

越前南次郎だ。

リョーマがテニスを始めたその瞬間から立ちふさがり続ける最大の壁である。そこが普通の主人公と違うところだ。

設定もさることながら、クソ生意気な決めゼリフ「まだまだだね」をはじめとして、まるでライバルキャラのような性格をしている。

それもそのはず、漫画の構想段階では主人公は金太郎で、リョーマはそのライバル役の予定だった。

リョーマの所属する青春学園中等部(恥ずかしい名前)テニス部も、全国大会出場には至っていないが、毎年関東大会で好成績を残す強豪校だ。

すでにめちゃくちゃ強い(あとすごい老けてる)手塚が部長にいるし、天才不二周助もいる、ダブルスの穴を埋める大石・菊丸のゴールデンペアもいる。最初から強いのだ。

普通少年漫画ならこういう学校は舞台にしない。

不動峰のような、虐げられ、ドン底からのし上がるのがセオリーだ。

ちなみに少年漫画の王道を行く不動峰はあんまり人気がない。なんでだよ。

 

作者がテニス経験者である

経験者どころか、インストラクターの経験もあるからめちゃ上手い。

知ってる物事の場合、自分の中の常識に囚われてぶっ飛んだ内容にできないものだ。

それなのにあんなルール無用の残虐ファイトを描けるのがすごい。

これは天才と言わざるを得ない。

 

要約すると、天才が描いてるんだから面白いに決まってるだろ!ということです。

今すぐAmazonで全巻買え!無理ならネカフェで読め!ほら!

 

ちなみに私の応援している学校は六角中だけど、活躍はおろか漫画内に登場すら滅多にしないよ。泣いてない。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ